ロッテのコーヒーガム復刻

ロッテのコーヒーガム復刻するらしい。

梅ガムとかクイッククエンチガムとかジューシー&フレッシュガムとかはとっくに復刻されてて昨年購入したんだけども、梅ガムとクイッククエンチガムは包み紙は折り紙になってた。可愛いからとっておいた❤

椚田遺跡公園とブックオフの日クーポン300円→150円😇‪(泣)‬

久しぶりに椚田遺跡公園に行った。以前こんな土器のモニュメントみたいなのあったっけ?記憶にない…

こんな案内板あったっけ?古いから見たことあるはずだが、すっかり記憶から抜け落ちてる…

レンタル自転車が設置されていた。スマホアプリで有料で借りられるらしい。

今年は2月にブックオフの日(29日)があるうるう年なのでクーポン利用して買い物しようとブックオフに出かけたら500円以上購入で300円引きになるクーポンが300円以上購入で150円引きに変わっていた。毎月の楽しみが…泣ける😇

ブックオフめじろ台店の建物はすっかり色褪せて年季を感じさせる外観になっているが、リニューアルとかメンテナンスとかの予定はないのかな。客はそこそこ入っているように思うが。

自販機の裏の錆びもなかなか凄いのだ。

銀杏まだ落ちてたけど食べられるのかな?少し拾ってきた。

ニュースクリップ

  1. JR田町駅近くに石垣出土、高輪築堤か…新路線「羽田空港アクセス線」工事に影響も – 読売新聞 2023/11/15
  2. 夜明けまでどっぷり「鉄道ルーム」登場 阿波池田駅前に期間限定で [徳島県]:朝日新聞デジタル 2023年11月15日
  3. そびえ立つ要塞「阪急淡路駅 高架化」完成近し! ダイヤ難所の「平面交差」見納めの時は来るのか 2023.11.15
  4. 尼子山トンネルの復旧工事進む 兵庫・山陽道 現場を報道陣に公開:山陽新聞デジタル|さんデジ 2023年11月15日
  5. 赤字の北上線、JR東で初の「無料」乗車キャンペーン…駅長「普段はないにぎわい」 2023/11/13
  6. 関釜フェリー、青春18きっぷ限定で下関~韓国・釜山の運賃が片道4500円に 「青春18きっぷ旅 大応援キャンペーン」 – トラベル Watch 2023年11月13日
  7. ナイター列車走らせドラファン運んだ時代も 来春廃止の名古屋港線 2023年11月11日
  8. 壮大すぎた!- かつての「青梅~青海」首都圏55km地下トンネル構想とは いま再注目のワケ – 乗りものニュース 2023.11.11
  9. 駅前再整備を検討中に“無人化”の方針 高松市は撤回を求めるもJR四国の回答は「難しい」【香川】 – OHK 岡山放送 2023.11.10
  10. 北海道南部の大千軒岳(標高1072メートル)で、登山中の大学生と消防士を襲い、死傷させたクマについて、専門家は「自ら消防士3人に近づき、襲いかかる特異なケースで、エサへの執着があった。3月に札幌市で駆除されたクマも同様」などと指摘しています。-HBC 2023年11月11日
  11. 【続報】気づいたら「クマ」まで1m 絶体絶命のピンチを救った「クマよけスプレー」(島根・浜田市)|FNNプライムオンライン 2023年11月8日
  12. 消えゆくデパートの屋上遊園地 「集客装置」今では全国で5カ所に:朝日新聞デジタル 有料記事 2023年11月4日
  13. 長野駅前にタワマン計画 千石劇場や飲食店街を再開発 2023年11月9日
  14. 【時刻表は読み物です】運行わずか10カ月 夢破れた夜行バス「北陸ドリーム四国号」 – 産経ニュース 2023/10/22
  15. 廃線から30年余…旧国鉄大隅線は今 唯一残った志布志駅 SL展示 ファンに好評 – 鹿児島のニュース – 南日本新聞 – 373news.com 2023/09/17
  16. 長年-放置-の「謎トンネル」 出口の先は突然「行き止まり」 目的地のない和歌山「ゆめみるトンネル」に光が見えてきた? – くるまのニュース 2023.08.29
  17. 異形の鉄道「スカイレール」なぜ2024年春に廃止? わずか1.3kmで160m勾配、一見ロープウェー – ローカル線・公共交通 – 東洋経済オンライン 2023/08/29
  18. <望 ~都の空から>猿島 軍事要塞の面影今に:東京新聞 TOKYO Web 2023年8月6日
  19. 「最北の秘境駅」JR抜海駅 2024年度末で廃止される方針 稚内市 – YouTube 2023/07/20
  20. まもなく全線再開、JR肥後大津駅にも乗り入れる南阿蘇鉄道 記念商品いろいろ ワンピースコラボ列車の運行計画も – 鉄道ニュース – 鉄道チャンネル 2023.07.14

ブックオフで昭和26年の雑誌発見

ブックオフに行ったら昭和26年発行の学研「五年の学習」11月号があって驚いて買ってしまった。

ちゃんとパッキングしてあったので痛みは少ない。

税込550円という手頃な価格。100円引きクーポンが発行されていたので450円になった。

昔の学研マーク、硬派で格好いいな。

国鉄承認雑誌

第3種郵便認可

小学生向きだが思ったよりテキストが多い。漫画もあるが社会情勢を紹介するページ、物語、小説、英語、算数教室、工場紹介、人形の作り方、雑学紹介、詩・作文紹介コーナーなどあり、今の自分より知的な感じがしてしまうぞ…

AppleCare+ for iPhoneの延長についてのメモ(更新日時の反映など)

AppleCare+ for iPhone

AppleCare+ for iPhoneの保証が11月5日で切れてしまった。端末購入時にのみ付けられる一括払いの2年版。

AppleCare+ for iPhone

厳密には、保証期限切れの2023年11月6日まで有効と表示されていたが、11月7日になって切れた。

AppleCare+ for iPhone

そして32日以内なら更新できると書いてあった。料金を見てみたら月払いで1580円、盗難紛失プランで月払い1780円だった。最新機種でもないのに。旧機種のiPhone 13 Proなのに、最新機種のiPhone 15 ProやiPhone 15 Pro MAXと同額の1580円。高い…

AppleCare+ for iPhone

年払いならもう少し安くなるのでは?と期待して調べてみたが、更新時は月払いしか選べないらしい。あと端末購入時に付けられる一括払いのAppleCare+ for iPhoneは端末を譲渡した際も有効だが(それで私は使用1年の中古機種を買ったがAppleCare+の恩恵を受けていた)、月払いで譲渡するとAppleCare+は無効になるらしい。

ここで疑問に思ったのが、32日間の猶予期間中、早く更新した方が得なのか、故障する可能性が低い環境なら遅く更新した方が得なのか、ということ。私の場合、有効期限は11月5日だったが、たとえば12月1日に更新手続きをとると次回の更新日が1月1日になるのか、それとも12月5日になるのか、ということ。

これに関しては、検索してもあまり目ぼしいサイトがヒットしなくて、自分で実証するしかなかった。下記の知恵袋のページも2件しか回答がなく、どちらを信用して良いか分からず(→後述するが、結果的には遅く更新した方が得だった)

ちょっと前にApplecare+の保証が切れて、切れた日(たしか5月13日)から1ヶ月以内なら延長できるらしいのですがこれって延長した日(今日6月6日)からまた1ヶ月(7月6日まで)ですか?それとも切れた日(5月13日)から1ヶ月(6月13日)で今延長してもあと7日しかないってことですか?
Yahoo!知恵袋

元々AppleCare+ for iPhoneが切れたら月額830円のpovoのスマホ故障サポートに加入するつもりでいたのだが、なんとこちら2023年7月31日をもって受付終了してしまった。他にもjustInCaseのスマホ保険Mysuranceのスマホ保険さくら少額短期保険株式会社のモバイル保険などがあることを知ったが、現在iPhoneのバッテリー最大容量が87%で、AppleCare+は80%以下になると無料で交換してもらえるので、9ヶ月で7%使い切る換算だと

iPhone 13 Proのバッテリー交換料金14500円
AppleCare+1580円✕9ヶ月=14220円

恐らく9ヶ月間、AppleCare+を利用し続けたほうが得策。
現在のiPhoneは1年前(2022年11月6日)にはバッテリー100%だったが、1年で87%まで落ちた。恐らくあと9ヶ月位で80%以下に落ちる。

で、AppleCare+ for iPhoneを更新することにした。

更新手続きする中、慎重にPCサイトのページを確認しながら進んだり戻ったりを繰り返していたら、頻繁なページの変遷が良くなかったようで、「申し訳ありませんが、お客様の保証情報が見つかりませんでした。後でもう一度やり直してください。」と表示されるようになってしまい焦った。

AppleCare+ for iPhone

iPhone本体ではAppleCare+ for iPhoneの更新手続きが可能だった。が、PCサイトの不具合は何故か数日経ってもなおらない。しばらく待ってもなおらなかったらappleに問い合わせてみよう。

iPhoneでAppleCare+ for iPhoneの更新手続きをしたら簡単に終わってしまったが、iPhoneのサブスクリプションを見たら「次回請求日:12月12日」となっていた。

AppleCare+ for iPhone

一般>情報>保証範囲>このデバイス>では「更新日:2023年12月13日」となっている。微妙にズレているが、どちらも以前の保証の有効期限日(5日)ではない。AppleCare+ for iPhoneの延長って「新たな契約」のように扱われるのか。そのせいか、更新時には選択できた月払い1740円の盗難・紛失プランももう選択できなくなっていた。どこ探しても変更の項目が見当たらない。

AppleCare+ for iPhone

AppleCare+ for iPhoneのプラン変更って一括払い→月払いの延長時だけの特典のように考えた方がいいのかな。とすると、元々盗難・紛失プランだった人が延長時に盗難・紛失なしのプランにダウングレードも可能なのか?その辺どうなのか気になる。

Yahoo!オークション自動入札ソフトBidMachineを使い始める

11月からYahoo!オークションの名称がヤフオク!からYahoo!オークションに戻るそうで、一体何だったんだという気がするが、最近はPCサイトだと入札履歴や出品者名&落札者名までYahoo!JAPAN IDでなく名前で表示されるようになり、Yahoo!JAPAN IDと名前が混在しているページも少なくなく、とてもややこしくわかりづらくなった。スマホだと従来のYahoo!JAPAN IDの伏せ字だったりするので、PCサイトだけの仕様みたい。時々「本名?」と思える人もいて、不安になる。

「Yahoo!オークション」への名称変更について -お知らせ – Yahoo!オークション 2023年07月14日

しかしYahoo!オークションがヤフオク!に名称変更したのが10年近く前と気づいて衝撃を受けている。自分の中では5~6年前の出来事の感覚があった。

ヤフオク、9年7カ月前に変更したサイト名を「Yahoo!オークション」に戻す – 財経新聞 2023年11月9日

同じ時間帯のオークションを画面にはりついて幾つも幾つも入札するのがとても面倒なので何か良いソフトはないかと探し、一昨日からBidMachineというソフトを使い始めた。使い慣れると便利すぎて浪費してしまうレベルだが、このソフト、無料版だと月に10件までしか自動入札できないという制限がある。有料版の最低料金はひと月650円(月払いの場合)で、これは商品の価格帯や落札数によっては結構大きなネックになる。「便利だけど、そこまで払うほどでは…」的な。せめて300円位のコースからあれば良いのに。終了したオークションを登録できるプランだとひと月3100円。「いや、そこまで…」となってしまう。有料なのはいいけど、ユーザーの使用状況に合わせたプランも提供してくれると嬉しいな。

アドレス末尾につく「#gsc.tab=0」の削除

テンプレートの変更を機にGoogleカスタム検索を搭載したら「#gsc.tab=0」と余計な語句がついてしまうようになった。検索するとGoogle カスタム検索の仕様らしい。

※「GoogleGoogleカスタム検索」は「プログラム可能な検索エンジン」という名称に変わった)

参考:Google のカスタム検索エンジンは便利だけど、設置すると URL の末尾に「#gsc.tab=0」がつくのを修正したい – t011.org

Programmable Search – すべての検索エンジン (google.com)から当該サイトを選択 > 検索機能 > 詳細設定 > 検索結果の閲覧履歴→オフにする

これで「#gsc.tab=0」は付かなくなった。

光学ドライブが認識できない「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」が出る(解決済み)

光学ドライブが認識できない「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」が出る

Windows10で光学ドライブが認識できなくなってしまった。SATAケーブルや電源ケーブルを接続し直してもかわらず。

デバイスマネージャーを見るとDVDドライブの「HL-DT-ST BD-RE BH10NS30」の所にビックリマークが付いてる。

光学ドライブが認識できない「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」が出る(解決済み)

プロパティ見ると「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」って書いてある。

光学ドライブが認識できない「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」が出る

ググると東芝の光学ドライブに多い不具合(?)のようで、ドライバの不具合らしい。うちの「HL-DT-ST BD-RE BH10NS30」はIO-DATAかBUFFALOの外付けドライブに入っていたもので、どこのメーカーだがわからないのだが、下記のページを参照してWindowsの「コントロール パネル→システムとセキュリティ→管理ツール→サービス」の順に見ても「TOSHIBA Optical Disc Drive Service」という項目は見当たらなかった。

光学ドライブが認識できない「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」が出る

別の方法を模索して下記のページにたどり着く。

Windows10 CD-DVDドライブが認識されない場合の対処方法(レジストリ修正で直らない場合 検証環境 東芝PC)

Winキー + R 「ファイル名を指定して実行」
regedit 「レジストリエディタ」を開く

「HKEY_LOCAL_MACHINE」
 -「SYSTEM」
  -「CurrentControlSet」
   -「Control」
    -「Class」
     -「4d36e965-e325-11ce-bfc1-08002be10318」

と開いてみても「4d36e965-e325-11ce-bfc1-08002be10318」の中に「Upperfilters」が見当たらないんだが(「Lowerfilters」しかない)、でも「Lowerfilters」を削除してみたら光学ドライブを認識するようになった。

光学ドライブが認識できない「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」が出る

とりあえず細かいことはよくわかってない。

光学ドライブが認識できない「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)」が出る(解決済み)

伸び放題のガジュマルの葉っぱの剪定→切った枝を水差し

ガジュマルの木

数年間放置状態のガジュマルの植木鉢、1本はホームセンターから買ってきた苗で、あとの4鉢は自分で種まきして育てたものだが(細かい種をたくさん撒いたのに4鉢しか生き残らなかった…)、樹高1m近くになって冬の間の屋内退避とか面倒なので背丈縮めるために枝を何本かカットした。めちゃくちゃ季節はずれだけど。とりあえず80cm以下に縮めた。切った枝は後々挿し木するつもりで水差しへ。ハサミの消毒とか園芸の小技的な方法は一切使わず、ただ切った枝を瓶に挿すだけ。以前たった1枚の枝なし葉っぱからさえ水につけていたら根が出てきたことがあったので、その生命力の強さに期待して。

エサを切ると白い液が出てくる。ラテックス、ゴム成分らしい。イチジクの木からもこういう白い樹液出る。

枝を瓶にさすと水がすぐ白く濁る。完全には溶け切ってない成分もある?大丈夫なのかな…